スポンサーリンク
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修9月前半にやったことまとめ

校内実地研修 ①薬剤散布(子苗) 9/7 殺ダニ剤、殺菌剤(炭疽病)、ベストガード水溶剤(アブラムシ類、コナジラミ類、チビクロバネキノコバエ、2000倍) ※殺ダニ剤、殺菌剤のメモ忘れ 9/14 アントラコール(炭疽病、...
農業次世代人材投資事業

青年就農給付金(準備型)の審査会にいってきました。

9月始めに青年就農給付金(準備型)の審査会に行ってきました。 ただ令和2年度は、青年就農給付金の準備型ではなく、 30代~40代の新規就農希望者に対して、 別の予算枠「就職氷河期世代の新規就農促進事業」として補助が出るよ...
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修8月後半にやったことまとめ

校内実地研修 ①薬剤散布(子苗) 8/15 ダニメツフロアブル(ハダニ類、1000倍)、ファンタジスタ顆粒水和剤(炭疽病、2000倍)、トミー液肥ブラック(液肥)、アプローチBI(展着剤) 8/17 シグナムWDG(うど...
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修8月前半にやったことまとめ

校内実地研修 ①スカイベリー受け苗の切り離し すくすくトレイ24穴に受けていた子苗を親株から切り離し。 子苗同士のランナーも切り離し。 葉やランナーで茂っていて、切り離しに時間がかかる。 ②薬剤散布 8...
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修7月後半にやったことまとめ

7月後半に研修で学んだことのメモ書きです。 校内実地研修 ①子苗のポット受け 引き続き子苗のポット受け(すくすくトレイ24穴)。 子苗の数は7/29時点で、  とちおとめ(ポット受け)804+α株(7/10よ...
イチゴの栽培技術

栃木のいちご新品種の名前決定!

昨年の10月末から今年の3月中旬まで行われていた いちご王国総選挙みんなで食べてみんなで選ぼう!~いちご新品種「栃木i37号」名称投票キャンペーン~ の投票結果が発表され、 栃木のいちごの新品種「栃木i37号」の名称がつ...
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修7月前半にやったことまとめ

7月前半に研修で学んだことのメモ書きです。 校内実地研修 ①子苗のポット受け 6月に引き続き子苗のポット受け(すくすくトレイ24穴)。 子苗の数は7/13時点で、  とちおとめ(ポット受け)804株スカイベリ...
とちぎ農業未来塾

イチゴ研修で6月にやったことまとめ

6月に研修で学んだことのメモ書きです。 校内実地研修 ①育苗棚作り&トレイ培土詰め アルミパイプをパイプカッターやジョイントを使って、高さ1mほどの育苗棚を作成しました。 育苗棚には、すくすくトレイ24穴を乗せ、親...
とちぎ農業未来塾

夏の暑さ対策(親苗ハウス)

親苗のランナーを伸ばし、子苗を取る5~8月はハウス内の温度が上昇しやすい。 ハウス内温度が上がると、炭疽病などの病気にかかる可能性が高くなる。 そのため、ハウス内温度を下げるための対策が必要。 夏の親苗ハウスの暑さ対策と...
とちぎ農業未来塾

主ないちごの病害虫メモ

8つの病害虫に気を付ける いちご栽培において、致命的なダメージを与える病害虫は、次の8つであると言われています。 ①炭疽病 ②萎黄病 ③うどん粉病 ④灰色かび病 ⑤アブラムシ類 ⑥アザミウマ類 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました